Third Scope

デザイン

Sketch 64リリース。アップデート内容解説。

アプリやWebのデザイン、プロトタイプの作成に優れたアプリ『Sketch』を提供するBohemian coding社は現地時間2020年3月23日、Sketch 64をリリースしました。
アップデート内容の詳細は公式サイトのログから確認できます。

この記事ではアップデート内容を日本語で解説します。
解説する対象は、主なアップデートと改善点(What’s improved)のみで修正点(What’s fixed)は含まれていません。
完璧な和訳ではなく編集も加えているため、正確な情報を知りたい場合は原文をご確認ください。

Sketch 64の主なアップデート

検索の強化


シンボルとスタイルの検索が強化され、より簡単で直感的に検索できるようになりました。

Tintの設定


Tintの設定が追加され、シンボルまたはグループ全体の色を簡単に変更できるようになりました。

Tintを使用するには、シンボルまたはグループを選択してインスペクタのTint項目から「+」を押してください。

コンポーネントメニューの改善


コンポーネントメニューが、ポップオーバーからフライアウトメニューに変更されました。
ポップオーバーの時は右側の三角アイコンを都度クリックして、項目を1つずつ開閉しながらシンボルを探す必要がありました。
それがフライアウトメニューになる事で、項目にマウスカーソルを乗せるだけで次の階層が開くようになりました。

Sketch 64の改善点

アートボードプリセットにChromebook用のサイズを追加

アートボードプリセットにChromebook用サイズである下記の2点が追加されました。

シンボルに関する新しいショートカットを導入

シンボルを扱うショートカットに下記の3点が導入されました。

Unsplashのデータプラグインで挿入される画像サイズを変更

Unsplashのデータプラグインを使用して挿入される画像サイズが、@4xから@2xに変更されました。
また、検索フィールドでの特殊文字がサポートされました。

今までは@4xだったのでドキュメントのサイズが大きくなりがちでしたが、今回の変更によってドキュメントのサイズが抑えられ動作も軽くなる事が見込めます。

シンボルやスマートレイアウトを使用している場合のパフォーマンスを向上

多数のシンボルを含むドキュメントやスマートレイアウトを使用している場合のパフォーマンスが向上しました。

PAGE TOP